脱!過敏性腸症候群 〜過敏性腸症候群に悩むあなたへの手紙〜

http://kabin-onaka.com
過敏性腸症候群の改善・症状・方法・治療。。

●便秘が続くときの食事の工夫


過敏性腸症候群の便秘は、
下痢の場合と同様にあまり負担のかからない食事をすることが重要です。



まずは基本をおさえて、便が少しでも出やすくする食事をすることが必要になってきます。



その中でも大切なことは「水分」と「食物繊維」をしっかりとること!!



ただし、普通の便秘の場合、冷たい牛乳や水を多く飲むようにいわれることがあるみたいですが、過敏性腸症候群の場合、腸が敏感になっているので、やりすぎ注意です!!



冷たいものをいっきにたくさんの飲むよりも、
ぬるま湯やあったかいお茶などを
少しずつ数回に分けて飲むように心がけましょう!



野菜は「食物繊維」を多く含みますし、水分も多いため、煮物やスープ、おひたしなどにしてたっぷりとるようにしましょう。


日本古来の「鍋物」は野菜をたっぷりとれますし、簡単なのでグッドです。


海藻やこんにゃくは水溶性の「食物繊維」が多く含まれています。
水溶性の「食物繊維」はとっても保水性が高いので、便に水分を含ます作用が働いて、
排便しやすくしてくれます。



カットわかめなどを常備しておくと、スープやめん類の具として利用できるので
お手軽に水溶性の「食物繊維」をとることができて便利です。



こんにゃくも、今ではいろんな商品が出ていて、
とりやすくなっていますので、毎日少しずつでもとるよう心がけましょう!



細切り干ししいたけとカットわかめ、桜えび、ごまなどを常備しておけば、ねぎやニラ、トマトなどの野菜と一緒にスープなどで食べれば、一度にたくさんの「食物繊維」をとることができとても便利です。



排便が困難な場合でも、下剤や浣腸などになるべく頼らないで、ヨーグルトやチーズなどを食べてみることをオススメします。



また、忙しくて食事をつくるのに時間を取れない方などには、
サプリメントなどで補助することも必要になってくるでしょう。



その際は腸内環境をよくするための死なない乳酸菌
フジッコさんの「善玉菌のチカラ」などをオススメします。


脱!過敏性腸症候群TOPへ>  次のページ:おなら(ガス)・膨満感を防ぐ食事の工夫へ>

 脱!過敏性腸症候群・主要コンテンツ

●過敏性腸症候群とは? ●過敏性腸症候群の治療
まずは過敏性腸症候群を知りましょう 医者に行こう!
過敏性腸症候群の症状 過敏性腸症候群のための健康食品
ストレスで起こる過敏性腸症候群 自律訓練法
便通異常は自律神経失調症の一つ ストレスに強くなる方法
過敏性腸症候群になりやすい人とは? リラクゼーション法
過敏性腸症候群の精神症状
●ライフスタイルの改善 ●食生活の工夫
生活のリズムを整える 食事と排便の密接な関係
排便リズムを整える 食事の時間帯を一定にする
興味のあるものを見つける 早食い、まとめ食いは注意
休養を意識してとる 食事の時間をリラックスタイムに
睡眠をうまくとる 食物繊維は必須!
入浴をうまく使う 下痢が続くときの食事の工夫
ウォーキングの実践 便秘が続くときの食事の工夫
酒・たばこについて ガス・腹部膨満感を防ぐ食事の工夫

TOPへ


参考図書:
「過敏性腸症候群はここまで治る」


スポンサードリンク
参考図書:「過敏性腸症候群はここまで治る」 脱!過敏性腸症候群用語集

脱!過敏性腸症候群,All Rights Reserved.