脱!過敏性腸症候群 〜過敏性腸症候群に悩むあなたへの手紙〜

http://kabin-onaka.com
過敏性腸症候群の改善・症状・方法・治療。。

●管理人「カビン」の過敏性腸症候群(IBS)の遍歴

今となって分かった私の過敏性腸症候群の遍歴です。


高校二年生(16〜17歳) ガス型発症:授業中苦しみ始める。
浪人時代(18〜20歳) 下痢型発症:予備校の寮生活が始まり、寮から予備校までの通学電車で常に苦しむ。
大学時代(20〜24歳) 何のストレスもなく過ごしていたので、症状なしの状態が続く。
フリーター時代(20歳〜26歳) これまた遊びほうけていたのでストレスなし、ゆえに症状なしの状態が続く。
会社員時代(26〜31歳) 就職して最初のころは、いろいろ熱中していて何の症状もあらわれなかったが、

マンネリ化してきた途端、下痢症状が再発。。

朝そして食後、トイレに直行という図式が完成してしまう。
プー(31〜32歳) 会社を辞めた途端、過敏性腸症候群の症状が和らぐ。そして健康のためにウォーキング開始
会社員時代(31〜33歳現在) 再就職した途端、前の会社よりも環境が悪い(従業員の質など)などの原因によりガス・下痢症状が再発!今までの中で最悪の状況に陥る。

このときはじめて病院に行き、
自分が「過敏性腸症候群」という病気だと知る。


そして
書:「過敏性腸症候群はここまで治る」と出会う。


私独自の改善策>>


脱!過敏性腸症候群TOPへ>

 脱!過敏性腸症候群・主要コンテンツ

●過敏性腸症候群とは? ●過敏性腸症候群の治療
まずは過敏性腸症候群を知りましょう 医者に行こう!
過敏性腸症候群の症状 過敏性腸症候群のための健康食品
ストレスで起こる過敏性腸症候群 自律訓練法
便通異常は自律神経失調症の一つ ストレスに強くなる方法
過敏性腸症候群になりやすい人とは? リラクゼーション法
過敏性腸症候群の精神症状
●ライフスタイルの改善 ●食生活の工夫
生活のリズムを整える 食事と排便の密接な関係
排便リズムを整える 食事の時間帯を一定にする
興味のあるものを見つける 早食い、まとめ食いは注意
休養を意識してとる 食事の時間をリラックスタイムに
睡眠をうまくとる 食物繊維は必須!
入浴をうまく使う 下痢が続くときの食事の工夫
ウォーキングの実践 便秘が続くときの食事の工夫
酒・たばこについて ガス・腹部膨満感を防ぐ食事の工夫

TOPへ


参考図書:
「過敏性腸症候群はここまで治る」


スポンサードリンク
参考図書:「過敏性腸症候群はここまで治る」 脱!過敏性腸症候群用語集

脱!過敏性腸症候群,All Rights Reserved.