脱!過敏性腸症候群 〜過敏性腸症候群に悩むあなたへの手紙〜

http://kabin-onaka.com
過敏性腸症候群の改善・症状・方法・治療。。

●食事の時間を一定にする


過敏性腸症候群は、下痢型や便秘、交替型などいろんなタイプがありますが、
症状が違っても、根本的な原因は
「腸管の運動機能がうまく働いていないこと」ですから、
基本的に食生活で気をつけることも同じになります。



まず、気をつけることは食事の時間帯を一定にすること!!



食事のリズムが乱れると、「腸管の運動」や「排便のリズム」も乱れます。



結果として下痢になったり、便秘になったりします。



食事の時間が不規則だったり、食事を抜くことがある、また、夜の遅い時間に飲食するというような人はできるだけ
1日3回の食事時間を一定にしましょう。



排便の最初のきっかけとなる
「胃・大腸反射」は、通常は朝に最もメリハリよく起こります。



早起きしてゆっくり朝食をとると出かける前に便意が起こり、
おなかをすっきりさせて家を出ることができます。



朝、食事をすると通勤や通学途中で便意が起こるのが怖い、という人も多いので、朝食を抜くことも一概に否定することはできませんが、休日にこの方法を試してトイレタイムがうまく取れるようであれば、普段の日にも実行してみる、といった方法も有効な場合があります。



排便のリズムを整えるには、夕食の時間帯も大切です。



夜の遅い時間帯に食事をすると、
朝の食欲がわきにくくなります。



結果として朝食を抜いたり、ごく軽くすませたりすがちです。



そうすると、「胃・大腸反射」が起こりにくくなって便秘になったり、
通勤時間中に腸の運動が高まって便意が起こってしまうことになります。



要するに、規則正しい生活をしていないから、
過敏性腸症候群になってしまっているといえるかもしれません。



とにかく食事の時間を意識してとると生活にメリハリができ、
体を正常な方向へとみちびいてくれます。


私独自の改善策>>


脱!過敏性腸症候群TOPへ>   次のページ:早食い、まとめ食いは注意へ>

 脱!過敏性腸症候群・主要コンテンツ

●過敏性腸症候群とは? ●過敏性腸症候群の治療
まずは過敏性腸症候群を知りましょう 医者に行こう!
過敏性腸症候群の症状 過敏性腸症候群のための健康食品
ストレスで起こる過敏性腸症候群 自律訓練法
便通異常は自律神経失調症の一つ ストレスに強くなる方法
過敏性腸症候群になりやすい人とは? リラクゼーション法
過敏性腸症候群の精神症状
●ライフスタイルの改善 ●食生活の工夫
生活のリズムを整える 食事と排便の密接な関係
排便リズムを整える 食事の時間帯を一定にする
興味のあるものを見つける 早食い、まとめ食いは注意
休養を意識してとる 食事の時間をリラックスタイムに
睡眠をうまくとる 食物繊維は必須!
入浴をうまく使う 下痢が続くときの食事の工夫
ウォーキングの実践 便秘が続くときの食事の工夫
酒・たばこについて ガス・腹部膨満感を防ぐ食事の工夫

TOPへ


参考図書:
「過敏性腸症候群はここまで治る」


スポンサードリンク
参考図書:「過敏性腸症候群はここまで治る」 脱!過敏性腸症候群用語集

脱!過敏性腸症候群,All Rights Reserved.