脱!過敏性腸症候群 〜過敏性腸症候群に悩むあなたへの手紙〜

http://kabin-onaka.com
過敏性腸症候群の改善・症状・方法・治療。。

●まずは過敏性腸症候群を知りましょう!


とにかくはじめに「過敏性腸症候群」という病気について理解してしまいましょう!



(敵を知らずして倒すことはできません。)



過敏性腸症候群とは


「腹痛と便通異常を主体とする消化器症状が続くが、その原因として身体的な検査をしても器質的な異常がなく、機能面での異常だけが認められる病気」とされています。



もともと消化器の働きは、健康な人でも
心理的なストレスをはじめとするさまざまな刺激によって影響を受けます。



しかし、「過敏性腸症候群」の人の消化器はさらに敏感で、
少しの刺激で便通異常(下痢・便秘)や腹痛などを起こしてしまいます。



「過敏性腸症候群」の患者の85%以上が
何らかのストレスを影響をうけているといわれています。



また、食事がキッカケで腹痛が起こったり、物理的な刺激に敏感に反応して
消化管運動が促進され、下痢や便秘、腹痛が起こることもあります。



要するに、食事をしたら(とくに朝食)お腹をこわす人や、ストレスを感じると消化器に異常が起こる人は、「過敏性腸症候群」と疑っていいかもしれません。


私独自の改善策>>



脱!過敏性腸症候群TOPへ>  次のページ:過敏性腸症候群の症状へ>

 脱!過敏性腸症候群・主要コンテンツ

●過敏性腸症候群とは? ●過敏性腸症候群の治療
まずは過敏性腸症候群を知りましょう 医者に行こう!
過敏性腸症候群の症状 過敏性腸症候群のための健康食品
ストレスで起こる過敏性腸症候群 自律訓練法
便通異常は自律神経失調症の一つ ストレスに強くなる方法
過敏性腸症候群になりやすい人とは? リラクゼーション法
過敏性腸症候群の精神症状
●ライフスタイルの改善 ●食生活の工夫
生活のリズムを整える 食事と排便の密接な関係
排便リズムを整える 食事の時間帯を一定にする
興味のあるものを見つける 早食い、まとめ食いは注意
休養を意識してとる 食事の時間をリラックスタイムに
睡眠をうまくとる 食物繊維は必須!
入浴をうまく使う 下痢が続くときの食事の工夫
ウォーキングの実践 便秘が続くときの食事の工夫
酒・たばこについて ガス・腹部膨満感を防ぐ食事の工夫

TOPへ


参考図書:
「過敏性腸症候群はここまで治る」


スポンサードリンク
参考図書:「過敏性腸症候群はここまで治る」 脱!過敏性腸症候群用語集

脱!過敏性腸症候群,All Rights Reserved.