脱!過敏性腸症候群 〜過敏性腸症候群に悩むあなたへの手紙〜

http://kabin-onaka.com
過敏性腸症候群の改善・症状・方法・治療。。

●過敏性腸症候群になりやすい人とは?



過敏性腸症候群はどんな人がなりやすいのでしょう?



消化管の機能異常は、自律神経系や脳との関係が深いことが分かっていますから、
「自律神経失調傾向のある人」は、この病気にもないやすいといえるでしょう。



普段の生活で心理・社会的ストレスが多い人も自律神経系が乱れやすいし、
「ストレス」による刺激が腸へ直接的に影響することでしょう。



性格的には、「几帳面で神経質な人」、子供では大人の言うことに従順な、
いわゆる
「よい子」がなりやすいといわれています。



精神的な「ストレス」の要因としては、次のようなことが考えられます。



●時間的に追われている・・仕事、勉強、習い事、育児など
●環境の変化についていきにくい・・・転職、職場の異動、出張、旅行、進入学、引越し、結婚
●対人関係が複雑・・・職場、学校、夫婦、親子、嫁姑、近所付き合い、サークルなど




現代社会では多くの人が時間に追われたり複雑な人間関係に囲まれて、「緊張感」や「不安感」などを持ったりしますが、
その反面、怒りや悲しみといった感情を発散しにくくなっています。



さまざまな「ストレス」を抱えていても、ふだんから生き抜きの時間がもてたり、
少しずつでも発散する方法を持っている人は、症状が起こりにくいのです。




うまく発散することができず一人で抱え込んでしまう人ほど、ひとつひとつの「ストレス」がそれほど大きくなくても、「ストレス」が重なって、もともと敏感な胃腸を刺激し、
「過敏性腸症候群」の症状が出やすくなり、繰り返すという
悪循環にとらわれやすくなります。



がんばり過ぎるタイプでは、ストレスをストレスを感じずに、
からだのほうが反応してしまう例も少なくありません。



精神的な「ストレス」に影響を受けるのは、
精神的に弱いからだと誤解して自分を責める人もいます。



しかし、胃腸が「ストレス」の影響をうけることは、誰にでもあります。



恥ずかしいことでも精神的に弱いことでもありません。



他の人に比べて少し「ストレス」に
敏感なだけで、これはいろいろな体質一つとも考えられます。


私独自の改善策>>


脱!過敏性腸症候群TOPへ>   次のペ−ジ:過敏性腸症候群の精神症状へ>


 脱!過敏性腸症候群・主要コンテンツ

●過敏性腸症候群とは? ●過敏性腸症候群の治療
まずは過敏性腸症候群を知りましょう 医者に行こう!
過敏性腸症候群の症状 過敏性腸症候群のための健康食品
ストレスで起こる過敏性腸症候群 自律訓練法
便通異常は自律神経失調症の一つ ストレスに強くなる方法
過敏性腸症候群になりやすい人とは? リラクゼーション法
過敏性腸症候群の精神症状
●ライフスタイルの改善 ●食生活の工夫
生活のリズムを整える 食事と排便の密接な関係
排便リズムを整える 食事の時間帯を一定にする
興味のあるものを見つける 早食い、まとめ食いは注意
休養を意識してとる 食事の時間をリラックスタイムに
睡眠をうまくとる 食物繊維は必須!
入浴をうまく使う 下痢が続くときの食事の工夫
ウォーキングの実践 便秘が続くときの食事の工夫
酒・たばこについて ガス・腹部膨満感を防ぐ食事の工夫

TOPへ


参考図書:
「過敏性腸症候群はここまで治る」


スポンサードリンク
参考図書:「過敏性腸症候群はここまで治る」 脱!過敏性腸症候群用語集 

脱!過敏性腸症候群,All Rights Reserved.