脱!過敏性腸症候群 〜過敏性腸症候群に悩むあなたへの手紙〜

http://kabin-onaka.com
過敏性腸症候群の改善・症状・方法・治療。。

●私のおなか回想録(思い出す通学電車の苦痛)



過敏性腸症候群で悩む人にとって、一番の恐怖は通学もしくは通勤電車ではないかと
思います。(バスも)



私も浪人時代、予備校の寮に入って、寮から予備校まで1時間半
電車で通学していました。



その電車にはもちろん、トイレはついていません。



いつもこの1時間半を不安と苦痛に悩まされながら過ごしていました。



「もしおなかが痛くなったらどうしよう」

「おなかが痛くなってきて、我慢できなかったらどうしよう」

「途中で駅におりても、近くにトイレがなかったらどうしよう」

「もしトイレがあっても、紙がなかったらどうしよう」

「途中下車することによって、予備校に遅れたらどうしよう」



そんなことを1時間半ず〜〜と考えていたことを思い出します。



こういうときはそんなことを考えていてはいけないことを知らなければなりません。



考えてしまったら、それで終わり。。。必ず、腸が反応してしまいます。



だからなるべく同じ寮生のみんなと通学し、しゃべりながら1時間半を過ごすように
心がけました。



そうすれば、お腹のことなど忘れて過ごすことができたからです。



しかし、一人で通学・通勤しなければいけない人、たくさんいると思います。



その場合は下痢止めなどの薬をもって、
「いつでも飲める」状態を作ることによって安心感を得て、
腸が反応しないようにすることなどが予防にいいと思います。



または朝出るまでに、お腹の中のものを出し切ることで
「もう出るものはない」といった状態をつくってやると安心感を得ることができます。



あとは基本どおり生活習慣を規則正しくすることです。


私独自の改善策>>


脱!過敏性腸症候群TOPへ>

 脱!過敏性腸症候群・主要コンテンツ

●過敏性腸症候群とは? ●過敏性腸症候群の治療
まずは過敏性腸症候群を知りましょう 医者に行こう!
過敏性腸症候群の症状 過敏性腸症候群のための健康食品
ストレスで起こる過敏性腸症候群 自律訓練法
便通異常は自律神経失調症の一つ ストレスに強くなる方法
過敏性腸症候群になりやすい人とは? リラクゼーション法
過敏性腸症候群の精神症状
●ライフスタイルの改善 ●食生活の工夫
生活のリズムを整える 食事と排便の密接な関係
排便リズムを整える 食事の時間帯を一定にする
興味のあるものを見つける 早食い、まとめ食いは注意
休養を意識してとる 食事の時間をリラックスタイムに
睡眠をうまくとる 食物繊維は必須!
入浴をうまく使う 下痢が続くときの食事の工夫
ウォーキングの実践 便秘が続くときの食事の工夫
酒・たばこについて ガス・腹部膨満感を防ぐ食事の工夫

TOPへ


参考図書:
「過敏性腸症候群はここまで治る」


スポンサードリンク
参考図書:「過敏性腸症候群はここまで治る」 脱!過敏性腸症候群用語集

脱!過敏性腸症候群,All Rights Reserved.