脱!過敏性腸症候群 過敏性腸症候群に悩むあなたへの手紙

http://kabin-onaka.com
過敏性腸症候群の改善・症状・方法・治療。。

●食事の時間をリラックスタイムに


食事の時間はゆとりを持ち、
適度な量をゆっくりかんで食べると「生活のリズム全般」も整いやすくなります。



食事をゆっくりとることは、リラックスすることになり、気分的にもリフレッシュされるので、精神的にもお腹にもとてもいいことです。



要するに、「早食い」をしない!!家族や友人と会話を楽しみながら食事をしようということです。



しかし、なかなかゆっくり食事をとることが難しいかたもいるでしょう。



とくに日本人は
「食事を楽しむ」ことに関して、うといところがあります。



「食事はさっさと済ませるもの」とあなたも思っていませんか?



そういう考えは捨て去るべきです!!



しかし、なかなか人間の習慣とは簡単に変わるものではありません。



何年も繰り返してきたことを「明日から。。」といった感じで変わることができるほど
人間はすごいものではないのです。。



だから、まず!!
朝食だけでもゆっくり、しっかり、楽しんでとるようにしましょう!!



とくに朝食は1日の始まりですし、朝食後に腹痛・下痢を起こすことも多いので、
朝食をゆっくりとり、お腹の負担をなくし、快腸状態が維持できるようにしましょう。



過敏性腸症候群から脱出する小さな一歩!
「朝食はゆっくり楽しんでとる」をさっそく明日から実行してください!


スポンサードリンク


脱!過敏性腸症候群TOPへ>   次のページ:食物繊維は必須へ>

 脱!過敏性腸症候群・主要コンテンツ

●過敏性腸症候群とは? ●過敏性腸症候群の治療
まずは過敏性腸症候群を知りましょう 医者に行こう!
過敏性腸症候群の症状 過敏性腸症候群のための健康食品
ストレスで起こる過敏性腸症候群 自律訓練法
便通異常は自律神経失調症の一つ ストレスに強くなる方法
過敏性腸症候群になりやすい人とは? リラクゼーション法
過敏性腸症候群の精神症状
●ライフスタイルの改善 ●食生活の工夫
生活のリズムを整える 食事と排便の密接な関係
排便リズムを整える 食事の時間帯を一定にする
興味のあるものを見つける 早食い、まとめ食いは注意
休養を意識してとる 食事の時間をリラックスタイムに
睡眠をうまくとる 食物繊維は必須!
入浴をうまく使う 下痢が続くときの食事の工夫
ウォーキングの実践 便秘が続くときの食事の工夫
酒・たばこについて ガス・腹部膨満感を防ぐ食事の工夫

TOPへ


参考図書:
「過敏性腸症候群はここまで治る」


スポンサードリンク
参考図書:「過敏性腸症候群はここまで治る」 脱!過敏性腸症候群用語集

脱!過敏性腸症候群,All Rights Reserved.