脱!過敏性腸症候群 〜過敏性腸症候群に悩むあなたへの手紙〜

http://kabin-onaka.com
過敏性腸症候群の改善・症状・方法・治療。。

●食物繊維は必須


最近、よく話題になる食物繊維! 私ははじめ「食物繊維」には懐疑的でした。



それは、自分がとってもあまり変化がなかったからです。



しかし、その「食物繊維」!地味ながらも大切なものだったのです。



過敏性腸症候群のあなたに「食物繊維」がなぜ大切かというと、
「食物繊維」が
便の成分として欠かせないからです。



通常の便は70〜80%が水分で、 残りが食物繊維、腸内細菌、老廃物などでできています。



水分が多いと軟便や水様便になり、水分が少ないと便が硬くなりカサも小さくなります。



「食物繊維」は便の構造部分、つまり骨組みの材料です。



「食物繊維」が十分であれば、軟便や水様便の水分は食物繊維に吸収されて、
ほどよい硬さの便になります。



便のカサが小さく硬くなりそうな場合に「食物繊維」が十分に補給されると、
便のカサが大きくなり、ほどよい硬さとなって排便しやすくなります。



つまり、「食物繊維」は便の硬さとカサをほどよくすることで、
下痢にも便秘にも必要な成分なのです。



やっぱり「食物繊維」をなめてはいけません。



過敏性腸症候群の私たちには必要不可欠な栄養素といえるでしょう。



でも、食事でとるのはなかなか難しいもの。。



そういう時は健康食品!!



気軽に試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


脱!過敏性腸症候群TOPへ>   次のページ:下痢が続くときの食事の工夫へ>

 脱!過敏性腸症候群・主要コンテンツ

●過敏性腸症候群とは? ●過敏性腸症候群の治療
まずは過敏性腸症候群を知りましょう 医者に行こう!
過敏性腸症候群の症状 過敏性腸症候群のための健康食品
ストレスで起こる過敏性腸症候群 自律訓練法
便通異常は自律神経失調症の一つ ストレスに強くなる方法
過敏性腸症候群になりやすい人とは? リラクゼーション法
過敏性腸症候群の精神症状
●ライフスタイルの改善 ●食生活の工夫
生活のリズムを整える 食事と排便の密接な関係
排便リズムを整える 食事の時間帯を一定にする
興味のあるものを見つける 早食い、まとめ食いは注意
休養を意識してとる 食事の時間をリラックスタイムに
睡眠をうまくとる 食物繊維は必須!
入浴をうまく使う 下痢が続くときの食事の工夫
ウォーキングの実践 便秘が続くときの食事の工夫
酒・たばこについて ガス・腹部膨満感を防ぐ食事の工夫

TOPへ


参考図書:
「過敏性腸症候群はここまで治る」


スポンサードリンク
参考図書:「過敏性腸症候群はここまで治る」 脱!過敏性腸症候群用語集

脱!過敏性腸症候群,All Rights Reserved.